こんにちは。旅する先生Junです。

タガログ語 文法講座 第2回目はタガログ語の文を構成するときに重要な役割をする「ANG形」について勉強しましょう。

前回の復習

まずは、前回の復習です。

文法講座第1回目では、タガログ語の基本語順が「述語 + 主語」であるという話をしました。

それでは、次の日本語はタガログ語でどう言いますか? 考えてみましょう。

問題1:次の文はタガログ語で何と言いますか?

(1)私は佐藤です。

(2)これは本です。

(3)私は学生です。

答えがわかりましたか? 答えは次のようになります。

答えはこちら

(1)Sato ako

(2)Libro ito.

(3)Estudyante ako.

 

簡単ですね。

じゃあ、次の日本語はタガログ語で何というと思いますか。少し考えてみましょう!

問題2:次の文はタガログ語で何と言いますか?

(4)その本は重い。     (重い:mabigat)

(5)田中さんは美しい。  (美しい:maganda)

答えがわかりましたか?

 

(4)の答えは
Mabigat ang libro.

 

(5)の答えは
Maganda si Tanaka.

となります。ここで、みなさんはこんなことを思ったことでしょう。

"ang", "si"って何?

実はタガログ語では、英語の"a"や"the"のように、マーカーと呼ばれる物が存在します。

今回紹介するマーカーは「ANG形」と呼ばれるもので、これは、文の主語を示すために重要な役割を担います。

マーカーを苦手とする学習者が多いですが、このマーカーをしっかりと使い分けられるようになることが、タガログ語をマスターする上で重要になりますので、しっかりと理解し、使えるようになるまで練習しましょう。

普通名詞につくマーカー:ang

普通名詞には、単数の場合、名詞の前に"ang"を置いて、主語を表します。

先ほどのクイズの例を見てみましょう。

(4)その本は重い
Mabigat ang libro.

上の文の主語は "libro" ですね。"libro"は普通名詞になりますから、主語を表すマーカー"ang" 置いて、"ang libro"と表現します。

 

では、主語が複数形の普通名詞の場合はどうでしょうか。

単数形の場合、"ang" が付くのに対し、複数形の場合 "ang mga" を置きます。

例文
子供達は元気だ。
Mabuti ang mga bata. 

"bata"は子供と言う意味です。"ang mga"が付くことで一人の子供を表しているのか、複数の子供を表しているのかがわかります。

ポイント

①普通名詞の前に "ang" を置いて主語を表す。

②複数形の場合は "ang mga" となる



人称代名詞

では、人称代名詞(私、彼、あなた、など)ではどうでしょうか。

もうおわかりだと思いますが、人称代名詞の場合は、マーカーを置く必要がありません。

文法講座01でも勉強しましたが、「私は田中です」をタガログで言うと、「Tanaka ako」ですよね。「Tanaka ang ako」とは言いませんでしたね。

ポイント
主語が人称代名詞の場合、マーカーは不要。

指示代名詞

それでは、指示代名詞(これ、それ、あれ)はどうでしょうか。

こちらも例文を見れば、わかりますね。

(例) Libro ito

どうですか。マーカーはありませんね。人称代名詞と同様に指示代名詞の場合もマーカーが不要です。

しかし、それは単数形の場合の話です。

「これら / それら / あれら」と表現したい場合は、"ang mga"を置く必要があります。

少し、例文を見てみましょう。

●あの人たちはアメリカ人です。
Amerikano ang mga iyon.
アメリカーノ アン マガ イヨン

●これ(これら)、お土産です。
Pasalubong ang mga ito.
パサルーボン アン マ
ガ イト

ポイント

①単数を表す場合、マーカーは不要。

②複数形の場合は "ang mga" となる。

人名につくマーカー:si

人名には、単数の場合、名詞の前に "si" を置いて、主語を表します。

先ほどのクイズの例を見てみましょう。

(5)田中さんは美しい。
Maganda si Tanaka

上の文の主語は"Tanaka"ですね。"Tanaka"は人ですから、主語を表すマーカー"si" 置いて、"si Tanaka"と表現します。

では、主語が複数形の場合はどうでしょうか。

単数形の場合、"si" が付くのに対し、複数形の場合 "sina" を置きます。

例文
Junさんたちは先生です。
Titser sina Jun.

"titser"は先生という意味です。"sina Jun"が付くことでJunさんだけでなく、Junさんと一緒にいる人も先生であることを表します。

ポイント

①人名の前に "si" を置いて主語を表す。

②複数形の場合は "sina " となる

ANG形

今日は、主語を表すマーカー "ang" や "ang mga"、そして、"si" や ”sina” の勉強をしました。

これらを総称して、"ANG形"と呼びます。

タガログ語には、主語を表すマーカーの他にも色々なマーカーがあります。

"SA形"、"NG形" と呼ばれるものですが、それらは、また別の機会に学習しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は「ANG形」について勉強しました。

今回のレッスンでは、「主語を表すマーカー」=「ANG形」「ANG形」は "ang , ang mga , si, sina" の4つということだけ覚えておいてください。

 

引き続き、タガログ語文法3を勉強される方は以下のリンクをクリックしてください。

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


関連キーワード