「スタディサプリ ENGLISH」の「LEVEL4 レッスン2」で勉強してみて、気づきいたことについてメモしておきます。

学校では習わない会話表現があった

中学・高校の英語の授業って文型中心で、日常会話で使う表現ってあまり練習しないですよね。

このスタディサプリでは、日常会話コースなので、学校で習わないような会話表現も登場します。

今回、登場したのが"Let's see..."という表現で、「ええっと・・・」と訳します。

考えている時に、使う表現ですね。

このレッスンでは登場しませんでしたが、"Let me see..."という表現もありますね。

僕は"Let me see...."の表現しかしらないので、新しい発見でした。

「ええっと」の言い方
  • Let's see.
  • Let me see.

リエゾンが難しい

今回、難しかったのが "Whats the difference between a normal class and a special class?"という表現。

どこが難しいかわかりますか?

"between a"と"and a "のところです。

"between a"は「ビットウィーン ア」ではなく「ビットウィーンナ」となり、"and a"は「アンド ア」ではなく、「アンダ」となります。

意識して読めば特別難しくないと思いますが、リエゾン って今まで意識して練習してこなかったので、慣れてないと「ビットウィーン ア」や「アンド ア」と言ってしまったりします。

数学単語は難しいので参考程度

今回のトピックは、「授業のカリキュラムについて」でした。

その中で「数学1と数学Aの違いは何?」という質問があって、数学1では「方程式」や「関数」を扱い、数学Aでは「確率」や「論理」を扱うよ、という説明があるのですが、正直この単語は全く聞き慣れないので、さっぱりわかりませんでした。

とはいえ、扱っている内容が違うということだけは聞き取れたので、それでいいだろうということにしておきます。

まぁ数学の単語なんて、一生使うことのない単語だろうし。

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA