フィリピンのニュースを知りたい時に役立つサイトまとめ

日本の新聞やテレビなどからはフィリピンのニュース、例えば政治や経済、犯罪などってあまり知ることができないですよね。

でも、フィリピンに住んでいる方やこれから住む予定の方、旅行で訪れる方などにとって、フィリピンの情報を必要とする人がいるかもしれません。

そこで、今回はフィリピンのニュースを知りたい時に役立つサイトを紹介したいと思います。



1. まにら新聞ウェブ

1992年にマニラで創刊した「日刊まにら新聞」のウェブサイトです。フィリピンに関するニュースが毎日配信されます。日本語で書かれているので、英語が読めない方でも、安心して読むことができます。

しかし、記事は無料の物と有料の物があります。有料会員になると有料記事も読めるようになります。

金額は以下を参考にしてください。結構高めの金額なので現地採用の私にはちょっと辛いですね。フィリピンに長く住んでいる駐在員におすすめだと思います。

会員種別 料金 記事 PDF版
当日会員 1,500円/月
(600pesos/月)
当日配信記事の閲覧 ×
月間DB会員 2,500円/月
(1,000pesos/月)
当日配信記事と過去1カ月分の全記事の閲覧
年間DB会員 10,000円/月
(4,000pesos/月)
当日配信記事と過去1年分の全記事の閲覧
マスター会員 30,000円/月
(12,000pesos/月)
当日配信記事と全データベース(1998年から)の全記事の閲覧
チケット会員 1,000円/10枚 全記事からお好きな記事10本 ×

2. MANILA BULLETIN

フィリピンのニュースウェブサイトで、政治、経済からスポーツや芸能まで幅広いジャンルのニュースを見ることができます。

ニュースはもちろんフィリピンに関するモノ・コトが取り上げられていますが、それ以外にアメリカや日本など他の国に関する情報もあります。

全て無料で読めますので、英語が読める方にはおすすめですし、フィリピンで英語を勉強されている方にも、英語のリーディング練習に良いと思います。

3. Rappler

こちらもフィリピンのニュースを取り扱っているウェブサイトでMANILA BULLETIN同様に幅広いジャンルを扱っていますが、サイトのデザインが少し微妙で、MANILA BULLETINよりも読みにくい印象です。

これはあくまでも個人的な意見なので、興味がある方は一度、チェックして見てください。

4. Philstar

こちらも先ほど紹介したMANILAやRapplerと同様にフィリピンに関するニュースを扱うサイトです。

見やすさ、読みやすさとしてはMANILA BULLETINと同じぐらいです。しかし、ちょっと広告が多いのでそれが残念なポイントかもしれません。

まぁ、無料で読めるので文句は言えませんね。



まとめ

いかがでしでしょうか。

今回は、フィリピンのニュースを知るのに便利なウェブサイトを紹介しました。

私個人の意見としては、「英語が読めない」、「読めるけどやっぱり日本語の記事を読みたい」という方にはまにら新聞ウェブ、「英語が読める」、「無料で読みたい」という方にはMANILABULLETINがおすすめです。

まとめ
・「英語が読めない」、「読めるけどやっぱり日本語の記事を読みたい」
まにら新聞ウェブ
・「英語が読める」、「無料で読みたい」
→MANILABULLETIN

みなさんも一度、サイトをチェックして見て、自分の読みやすいページを探して見てください。

また、他にもフィリピンのニュースサイトがあるかもしれませんので、新しいサイトが見つかったらこのページに追記したいと思います。

それでは、また!

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


関連キーワード