フィリピン人との結婚手続き方法まとめ(現在作成中)

こんにちはJunです。

今回、ご縁がありましてフィリピン人と結婚することになりましたので、その経験をもとにフィリピン人と結婚する際にどういった手続きが必要なのかを紹介します。

注意
今回は紹介する内容はフィリピン側で先に手続きを行うやり方です。また、現在手続きを進行中なので、少しずつアップデートしていきます。

結婚手続きの流れ

まず、フィリピン人と結婚する際に、どういった流れで手続きを行うのか確認しておきましょう。

  1. 婚姻要件具備証明書の入手 :大使館にて
  2. 婚姻許可証の入手:フィリピン人婚約者の住所地の市区町村役場にて
  3. 挙式,婚姻証明書の入手:挙式挙行地の市町村役場または国家統計局にて
  4. 婚姻届の提出:日本の本籍地市区町村役場または在フィリピン日本国大使館にて

上記の流れで手続きを進めていきます・・・といっても何だから漢字が多くてややこしい感じがしますよね。

しかし、簡単に言えば、「色んな所で書類を取る」、「式を挙げる」、「書類を提出する」の3つだけです。

それでは、次に具体的な流れを説明して行きます。

大使館のほうにも説明資料があるので、こちらもチェックして見てください。

STEP 1:婚姻要件具備証明書の入手

まずは、「婚姻要件具備証明書」というものを大使館に取りに行きましょう。

婚姻要件具備証明書をもらうためには以下の物が必要です。

日本人側が用意するもの

  • 戸籍謄本(抄本) × 1通(発行後3ヶ月以内のもの)
  • 有効期限内のパスポート(コピー不可)
フィリピン人側が用意するもの

  • 出生証明書 1通 (Birth Certificate)

 

戸籍謄本(抄本)はフィリピンで取得することはできません。そのため、日本に帰国して取りに行くか、家族の誰かに依頼して送ってもらう必要があります。

ちなみに、私は母に依頼し、EMS(国際郵便)でマニラまで送ってもらいました。送る際に必要な料金は1,400円で、受け取り時に120ペソを手数料として払っています。配送期間は1週間程度でした。

大使館は平日しか空いていないので、お仕事をさせている方は有給を取って行く必要があるでしょう。

その他の注意点として、結婚される方に離婚歴があったり未成年だった場合は追加で以下の書類が必要になります。

離婚歴がある人が必要な書類

  • 改製原戸籍又は除籍謄本 1通 (発行後6ヶ月以内のもの)

未成年の場合に必要な書類

  • 両親等法定代理人による婚姻同意書

上記の書類が用意できたら、大使館へ持って行きましょう。

大使館に入るときは携帯や電子機器は受付で預ける必要があるので、なるべくパソコンやタブレットなどは持っていかない方がいいと思います。

尚、大使館内での手続きですが、受付で氏名や本籍・現住所などを記入するための書類を渡されるので、それに記入し提出します。

すると、「後日○○日から婚姻要件具備証明書が受け取れます」といった紙を渡されるので、それを受け取り終了です。受け取り日が来たら、再度、大使館を訪問します。

尚、婚姻要件具備証明書の受け取りには550ペソ掛かります(2019年3月現在)

注意!
書類には「婚姻要件具備証明書」の提出先も書く必要があるので、事前にどこへ提出するのか確認しておきましょう。

※以降は手続きが完了したら追記して行きます。

STEP2:婚姻許可証の入手

準備中

STEP3:挙式,婚姻証明書の入手

準備中

STEP4:婚姻届の提出

準備中

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA