HTML / CSSの学習に役立つ書籍【1度挫折した人もおすすめ!】

今回は僕がこれまでに買ったHTML / CSS書籍で役立った本を紹介します。

ちなみに、HTMLやCSSの学習は本を読んで学習するよりも、UdemyProgateなどのプログラミング学習教材を使って、サイトを組み立てながら学んだ方が、初心者の方には効率よく学ぶことができます。

そのため、今回紹介する本は、それらで既に学習した後の復習として使ったり、次の理解を深めるために使うのがオススメです。


デザインの学校HTML&CSSの本

これはHTML / CSSで挫折した人におすすめの本です。他のどの書籍よりもやさしく書かれていて、一番わかりやすい本です。

内容は非常にコンパクトにまとめられていて、ポイントもわかりやすいのが特徴です。

僕は復習用にざっくり復習するために買いました。(Kindle版ですと、お買い得価格です。)

1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座

SBクリエイティブ
¥2,441 (2019/09/19 14:05:17時点 Amazon調べ-詳細)

1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座個人的に一番気に入っている本です。

2019年に出版された本で、HTML/CSSの関連書籍ではかなり新しく、著者はWebクリエイターボックスを運営されているManaさんです。

文章がかなり簡潔に書かれていて、なおかつ読みやすいので、既にProgateやUdemyで勉強された方なら、1日〜2日で全て読むことができます。(実際に僕は購入してから、2日で読み切ってしまいました。)

本の前半ではデザインやHTML/CSSに関する内容で、後半は実際に架空のカフェサイトを作るといった構成になっています。

レスポンシブデザインにも対応していて、flex boxも登場するので、Progateの後にもおすすめです。

HTML5&CSS3 きちんと入門

図やイラストがたくさん使われていて、わかりやすく、Webサイトの仕組みから始まり、HMTLのタグや、CSSのセレクタについてしっかりと説明が書かれているので、一度挫折した人にもおすすめです。

また、先ほどの1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座と同様に、こちらでもflex boxを使ったレスポンシブデザインをしっかりと学ぶことができます。

HTML5/CSS3 モダンコーディング

こちらは中級者向けの本で、最近流行りのデザインをどう実現するのか実際に手を動かしながら学ぶことができる1冊です。

中級向けということもあり、他の参考書のように前半で説明、後半でコーディングといった構成ではなく、最初からコーディングに入り、要所要所で、CSSの説明があります。

初級の内容がきちんと押さえられていれば、そこまで難しとは思いませんし、初級本ではあまり登場しなかったtransitonやtransfrom、擬似クラス(before、afterなど)もたくさん登場するので初級から中級へのスキルアップとしてオススメです。

こちらの本で制作するサンプルは、実際にネットで見ることができるのでサンプルを見て、「どうやって作るんだろう?」、「こんなサイト作ってみたい」と思った人は、買ってみると良いと思います。

この本で作成するサイトのサンプル

ちなみに、この本で一番難しかったのは「シングルページ」の「WORKS」のところです。

ここは解説も複雑で、一回目はとりあえず書かれているコードを写すだけにしました。

本を使って学ぶときのポイント

今回紹介した本には全て、サンプルコードが出てきます。

それらを単に見てわかったではなく、実際にコードを打ち込んでみて動作を確認しましょう。

その方が記憶にも残りやすいですし、何度も同じようなコードを打ち込んでいると身につきやすいです。

今回、紹介した4冊をしっかりとマスターすれば、自分のポートフォリオを作ることもできますし、ちょっとしたお店のホームページなんかも作れるレベルになります。

HTML/CSSに興味がある方や、挫折したけど、もう一度チャレンジしたいと考えている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA